再生医療でシワを解消|美容外科で憧れの顔に|悩んでいるなら改善するべき

美容外科で憧れの顔に|悩んでいるなら改善するべき

再生医療でシワを解消

医者

多血小板血漿療法とは

心斎橋では多くの美容外科が、最先端の再生医療技術を応用したアンチエイジングの施術を行なっています。そのひとつに多血小板血漿療法があります。血液中に含まれる成分のうち、血小板は傷口を塞いで皮膚を再生する役割を果たしています。多血小板血漿療法は、自分自身の血液から血小板を含む血漿を抽出し、シワやたるみなど気になる部分に注入する治療法です。注入された血小板は、傷を修復するのと同じ要領で、皮下の線維芽細胞を増殖させます。その結果、コラーゲンやエラスチンの産出が促され、肌のハリや弾力が復活するという仕組みです。手軽なアンチエイジング治療として、心斎橋の美容外科ではヒアルロン酸注入が人気になっています。窪んだ部分に注入すれば皮膚が盛り上がり、その場でシワが目立たなくなります。確かにヒアルロン酸も副作用が少ない治療法ですが、徐々に体内へ吸収されていくため、効果は長くても1年ほどしか保ちません。多血小板血漿療法は自分自身の皮下組織を増殖させ、若返らせる作用が期待できるため、効果が長持ちするという特徴があります。もちろん施術も注射をするだけで終わるので、肉体的な負担が小さくダウンタイムも短くなっています。

さらに進歩した治療法

多血小板血漿療法は多くの美容外科で実施されていますが、心斎橋ではさらに進歩した治療法も採用されています。たとえば血小板に白血球を加えて注入するW-PEP療法や、血小板から成長因子を抽出して注入するFGF療法などです。ただし治療法の名前は、美容外科によって異なる場合があります。W-PRP療法は血小板を濃縮した上に、白血球を混合させるのが特徴です。白血球は細菌やウイルスの感染を防ぐ働きをしています。白血球を加えることで、従来の多血小板血漿療法よりも効果が高く、早く現れると言われています。FGFは線維芽細胞増殖因子のことで、何種類もある成長因子のひとつです。FGFが皮下組織に直接刺激を与え、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を促すことが期待できます。こうした最新の再生医療を応用した施術には、成長因子の抽出や濃縮などの技術が必要で、どこの美容外科でも受けられるわけではありません。先進的な装置が導入されている心斎橋なら、治療法にも多くの選択肢が用意されています。再生医療はまだまだ発展途上であり、今後も急速な進歩が続くと考えられます。これを応用した、新しいアンチエイジングの方法にも、注目していく必要がありそうです。